トップページ > 新着情報 > 『Knives Out (ナイブズ・アウト)』(原題) 公開決定!

新着情報
NEWS

2019.10.01

『Knives Out (ナイブズ・アウト)』(原題) 公開決定!

「10代のころからアガサ・クリスティーの根っからのファン」だというライアン・ジョンソン監督((『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『LOOPER/ルーパー』)が、オリジナル脚本とこれ以上にない豪華キャストを集結させ完成させた話題の最新作、
『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題)を、2020年1月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開することが決定
いたしました。

「アガサの推理物の要素を全部詰め込もうとした。豪華キャスト勢ぞろいで、ヒッチコックのスリラーの要素も絡めながら、設定は現代のアメリカになっている」と自信をのぞかせる監督が、正統派ミステリーに独自のユーモアと、現代社会への鋭い視点を盛り込み、最後の最後まで観客を翻弄する、これまで誰も見たことのない全く新しい傑作ミステリー・エンターテインメント。

キャストは、『007』シリーズの最新作も控えるダニエル・クレイグが不敵な笑みを湛えて演じる名探偵ブノワ・ブラン。『アベンジャーズ』シリーズキャプテン・アメリカ役で世界的な人気を獲得、本作ではスーパーヒーローから一転し、周囲を罵倒し強烈なインパクトを残す一家の放蕩息子を演じるクリス・エヴァンス。さらに、アナ・デ・アルマス(『ブレードランナー2049』)、ジェイミー・リー・カーティス(『ハロウィン』)、トニ・コレット(『ヘレディタリー/継承』)、ドン・ジョンソン(『ジャンゴ 繋がれざる者』)、マイケル・シャノン(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、キース・スタンフィールド(『ゲット・アウト』)、キャサリン・ラングフォード(NETFLIX「13の理由」)、ジェイデン・マーテル(『IT/イット”それ”が見えたら終わり』)、クリストファー・プラマー(『ゲティ家の身代金』)ら豪華すぎるオールスターキャストが集結し、一癖も二癖もあるキャラクターを演じています。いったい真犯人は誰なのか?そして遺産は誰の手に?

ロッテントマト 驚異の100%(9/10時点) トロント国際映画祭でのワールドプレミアも大熱狂!
ワールドプレミアとなった9月のトロント国際映画祭では、数ある作品の中で高評価を獲得。その評価が注目された有名レビューサイト、ロッテントマトではなんと驚異の100%を記録!(9/10時点)「最初から最後までワクワクが止まらない」「間違いなく今年一番のエンタメ映画」「世界には『ナイブズ・アウト』のような映画がもっと必要だ」「ハラハラする面白さ」「アガサ・クリスティーの現代版、一級品!」と、作品の面白さを絶賛する声はもちろん、「キャストの才能が、すべてのシーンで輝いている」といった、キャストのアンサンブルに加え、注目された“キャプテン・アメリカ”と“ジェームズ・ボンド”の共演にも「エヴァンスが完璧なおべんちゃら男!」、「ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の世界なら喜んで何時間でもいたい“ボンドって誰だっけ?”」とそれぞれが演じた役柄にも大満足の評価。すでに007ファン、アベンジャーズファンを巻き込み大きな盛り上がりを見せています。
本作の続報に是非ご期待ください!

公式HPはこちら
Pagetop