新着情報
NEWS

作品情報

作品情報 2020.8.13

『キーパー ある兵士の奇跡』(配給:松竹、宣伝:ロングライド)邦題&公開決定!

この度、2019年にドイツのバイエルン映画祭で最優秀作品賞に輝き、世界各国の映画祭で次々と観客賞を贈られた映画『THE KEEPER(英題)』の邦題を『キーパー ある兵士の奇跡』とし、10月23日(金)新宿ピカデリーほか全国公開することが決定いたしました!弊社は本作の宣伝を担当します。

本作は、第二次世界大戦で捕虜としてイギリスの収容所に送り込まれたナチス兵士のバート・トラウトマンが、終戦後にイギリスとドイツを結ぶ平和の架け橋となり、やがて国民的ヒーローとして敬愛されたという驚くべき実話から生まれた物語。なぜ、そんな奇跡を成し遂げられたのか? そこには、これが真実だとはとても信じられないほどのドラマティックかつ波乱万丈の人生があった。

トラウトマンには『愛を読むひと』のデヴィッド・クロス、彼の妻のマーガレットには『サンシャイン/歌声が響く街』のフレイア・メーバー。マーガレットの父親役に『天使の分け前』のジョン・ヘンショウ、収容所時代のトラウトマンにつらく当たるスマイス軍曹に『ハリー・ポッター』シリーズのダドリー・ダーズリー役を演じたハリー・メリング、マンチェスター・シティFCの監督に『リトル・ダンサー』のパパ役で知られるゲイリー・ルイスと、英国を代表する実力派俳優がそろった。監督は、ドイツ国内で数々の賞を受賞してきたマルクス・H・ローゼンミュラー。

いくつもの逆境に立たされながらも、唯一自分にできる〈素晴らしいプレー〉を貫き、名門サッカークラブ「マンチェスター・シティFC」を優勝に導いて、人々に勇気を与え続けたトラウトマン。どんな悲しみも憎しみも、自らが選んだ生き方で愛に変えることができると教えてくれる感動の実話がこの秋、いよいよ日本で公開される。どうぞご期待ください!

作品詳細はこちら
作品情報 2020.6.10

『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』邦題&公開決定!

この度、オリヴィア・ワイルド初監督作品『BOOKSMART』(原題)の邦題を『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』とし、8月21日(金)より公開することが決定いたしました!

『俺たち』シリーズ『バイス』ウィル・フェレル×アダム・マッケイ製作総指揮
女優オリヴィア・ワイルドが華麗に転身。革命的な監督デビュー作がついに上陸!

『her/世界でひとつの彼女』『リチャード・ジュエル』などの作品で知られる女優オリヴィア・ワイルドが、『俺たち』シリーズ、『バイス』でおなじみのウィル・フェレルとアダム・マッケイのバックアップの元、華麗に映画監督に転身。新人とは思えぬ完成度と革命的な作風で観客を虜にした監督デビュー作がついにやってくる!プレミア上映された昨年のSXSW映画祭では、これまでになく大胆でパワフルな物語に話題沸騰。「スマートで、アバンギャルドな、コメディ革命!」- THE WRAP「史上最高のハイスクール映画の一つ」- TRIBUNE NEWS SERVICE「ずっと観たかった女性版『スーパーバッド 童貞ウォーズ』THE MARY SUE「コメディー版『テルマ&ルイーズ』だ」- THE CURVY FILM CRITICと大絶賛。その後も数々の映画賞を席巻し、映画批評サイトRottenTomatoesでも米公開時驚異の満足度100%を記録(6/8時点97%)、全米を熱狂させた。
ヒロインのエイミーとモリーをとびきりチャーミングに演じ一躍ブレイクを果たしたのは、俳優ジョナ・ヒルの妹で、本作でゴールデン・グローブ賞コメディ・ミュージカル部門主演女優賞にノミネートされた『レディ・バード』のビーニー・フェルドスタインと、『ショート・ターム』『デトロイト』で確かな演技力を披露し、Netflix「アンビリーバブル たった一つの真実」でビーニーと同じくゴールデン・グローブ賞にノミネートされた実力派ケイトリン・デヴァー。監督のオリヴィアも、本作が評価され、次回作にメジャースタジオ配給で、アトランタ五輪女子体操選手の実話の映画化を控えるなど、近年、活躍の目覚ましい女性監督の筆頭に躍り出た。

私たち、遊びを犠牲にして、将来は勝ち組のはずだった・・・
今年、最高に笑えて、泣ける。高校最後の一夜

成績優秀な優等生であることを誇っていた親友同士のエイミー(ケイトリン・デヴァー)とモリー(ビーニー・フェルドスタイン)。しかし、卒業前夜、遊んでばかりいたはずの同級生もハイレベルな進路を歩むことを知り自信喪失。二人は失った時間を取り戻すべく卒業パーティーに乗り込むことを決意する。果たして、二人を待ち受ける怒涛の一夜の冒険とは?そして、無事に卒業式を迎えることはできるのだろうか!?「『ビバリーヒルズ・コップ』や『リーサル・ウェポン』などを参考に、性格の異なる2人が、命がけの状況でお互いを補い合う姿を描きたかった。“ガールズ映画を作ろう”という考えはなかった。」と監督が語る通り、爆笑あり、アクションあり、そして涙ありの、全米熱狂!革命的ハイスクール・バディコメディの傑作がついに上陸する。

作品詳細はこちら
作品情報 2020.6.10

『パブリック 図書館の奇跡』邦題&7月公開決定!

この度、エミリオ・エステベス監督の最新作『The Public』(原題)の邦題を『パブリック 図書館の奇跡』とし、7月、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開することが決定いたしました!

ある日突然“命の避難所”となった図書館を舞台に、サプライズ満載の人間模様と奇跡の瞬間を映し出す 笑いと涙のフィールグッドムービー!

図書館という、誰もが利用したことのある身近で物静かな空間を舞台にした“あっと驚く”ヒューマン・ドラマが誕生した。記録的な大寒波の到来により、緊急シェルターがいっぱいで行き場がないホームレスの集団が図書館のワンフロアを占拠。突如勃発した大騒動に巻き込まれたひとりの図書館員の奮闘を軸に、予測不可能にして笑いと涙たっぷりのストーリーが展開していく。
本作は2018年のトロント国際映画祭でお披露目されるや、世界から大きな喝采を浴びた。災害や格差に揺れる現代社会に向けていくつもの問題提起をはらみながらも、温かな人間味に満ちあふれ、巧みなプロットのひねりや格別のサプライズも盛り込まれた感動作である。

青春スターから映画監督に転身して成功を収めたエミリオ・エステベス。 そのキャリア最高の傑作を盛り上げる実力派キャストが集結!

ある新聞記事に着想を得て、本作の完成までに11年の歳月を費やした監督はエミリオ・エステベス。1980年代ハリウッドの青春スターの一団を総称する“ブラット・パック”のひとりとして一世を風靡し、23歳で監督デビュー。その後も監督としてのキャリアを積み重ね、政治ドラマ『ボビー』(06)ではゴールデン・グローブ賞作品賞と全米映画俳優組合賞アンサンブルキャスト賞にノミネート、聖地巡礼の旅を描いたロードムービー『星の旅人たち』(10)では、円熟味すら感じさせる作風を披露してきた。ブラット・バック時代の代表作『ブレックファスト・クラブ』(85)で、図書室への居残りを命じられるやんちゃな高校生を演じたエステベスが、図書館を舞台にこれほど哀歓豊かで深みのある映画を撮り上げたことに、特別な感慨に浸るファンも少なくないだろう。
主演も兼任し、念願のプロジェクトを実現させたエステベス監督のもとに、実力派揃いの個性豊かなキャストが集結した。多彩なジャンルで圧倒的な存在感を保ち続けるアレック・ボールドウィン。エステベスと同じように青春スターとして脚光を浴びたのち、近年は曲者俳優として異彩を放つクリスチャン・スレイター。ダニエル・クレイグ版『007』シリーズのCIA局員フェリックス・ライター役で知られるジェフリー・ライト。さらに『ネオン・デーモン』(16)のジェナ・マローン、NetflixのTVシリーズ「オレンジ・イズ・ニューブラック」の主人公役で絶賛を博したテイラー・シリングが、エステベスとの掛け合いをいきいきと演じ、極上のアンサンブル劇に厚みを与える。

「あなたなら、どうしますか?」とそっと問いかけるような本作に、誰もが心を震わせずにいられない。明日を生きるために声を上げた彼らと、図書館員の勇気ある行動があなたに届ける希望とは?ぜひ、続報にご期待ください!

作品詳細はこちら
作品情報 2020.4.15

『レイニーデイ ・イン・ニューヨーク』邦題 & 公開決定!

『ミッドナイト・イン・パリ』『マジック・イン・ムーンライト』などで知られるウディ・アレン監督最新作『A Rainy Day in New York』(原題)の邦題を『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』とし、今夏、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMA ほかにて全国公開が決定!

ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、現代を代表するアイコニックな人気俳優たちが集結し、ニューヨークの街で運命のいたずらに翻弄される男女のキュートなロマンチック・コメディ『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。本作のメガホンを取ったのは、これまでにニューヨークを舞台に数々の作品を発表してきた巨匠ウディ・アレン監督。古きよきアメリカの風情が残るニューヨークへのラブレターの集大成とも言える本作は、ロマンチックなラブストーリーだ。現在84歳の監督自身「僕は、昔からこういうクラシックなラブストーリーが大好きなんだ」と語っている。2018年北米公開予定だった本作は#Me Too問題の渦中で公開中止になったが、2019年初夏のポーランドでの公開を封切りにヨーロッパを中心に続々と公開され、日本でも公開する運びとなった。

主演に、その美しいルックスと確かな演技力で新世代を牽引するティモシー・シャラメ、『マレフィセント』シリーズのような大作からインディペンデント映画まで引っ張りだこのイット・ガールエル・ファニング、世界的歌姫で、『デッド・ドント・ダイ』など女優としても大活躍のセレーナ・ゴメスを迎え、『シャーロック・ホームズ』シリーズのジュード・ロウ、『ビール・ストリートの恋人たち』のディエゴ・ルナ、『スポットライト 世紀のスクープ』のリーヴ・シュレイバーなど実力派俳優が脇を固めている。

舞台となるのは、美しい現代のマンハッタン。クラシックなニューヨークとしておなじみの、メトロポリタン美術館、セントラル・パーク、カーライルホテルなどニューヨークの数々の名所を、ジャズピアノと雨音が彩る。監督が、今回撮影監督としてタッグを組んだのは、『カフェ・ソサエティ』、『女と男の観覧車』に続き、79歳の巨匠ヴィットリオ・ストラーロ。美しいカメラワークを駆使し、めくるめく空模様にあわせてキャラクターたちに印象的な光と影を創り出した。

作品詳細はこちら
作品情報 2019.11.29

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』邦題&公開日決定!米国大ヒットスタート!

この度、『KNIVES OUT』(原題)の邦題が『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』に決定、2020年1月31日(金)より日本公開される運びとなりました。
本作は、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督が、アガサ・クリスティーに捧げて脚本を執筆したオリジナル作品。脚本に惚れ込んだ『007』シリーズのダニエル・クレイグ、『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスを筆頭に、オスカー俳優クリストファー・プラマー、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、トニ・コレット、ドン・ジョンソン、マイケル・シャノンら豪華キャストが結集。
11月27日(水)サンクスギビングに合わせて全米3,461館で封切られた『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』は、オープニング興行成績4,170万ドル(※Box Office Mojo調べ)を記録し、同時期公開の実写映画としてはNo.1となる大ヒットスタートを飾りました!米レビューサイト、ロッテントマトでは驚異の満足度96%超えを記録(11/24時点)、「楽しすぎて、脳みそが、痛い。」(The Huffington Post)、「今年No.1、抜群に面白い」(Mashable)、「アガサ・クリスティーの現代版、超最高!」(Rolling Stone)、「本当にハラハラ!」(Guardian)、「大爆笑!」(Games Radar)などメディアから激賞レビューが続々と寄せられている話題作です。
公開をどうぞお楽しみに!! 作品公式HPはこちら
作品情報 2019.10.01

『Knives Out (ナイブズ・アウト)』(原題) 公開決定!

「10代のころからアガサ・クリスティーの根っからのファン」だというライアン・ジョンソン監督((『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』『LOOPER/ルーパー』)が、オリジナル脚本とこれ以上にない豪華キャストを集結させ完成させた話題の最新作、
『Knives Out(ナイブズ・アウト)』(原題)を、2020年1月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開することが決定
いたしました。

「アガサの推理物の要素を全部詰め込もうとした。豪華キャスト勢ぞろいで、ヒッチコックのスリラーの要素も絡めながら、設定は現代のアメリカになっている」と自信をのぞかせる監督が、正統派ミステリーに独自のユーモアと、現代社会への鋭い視点を盛り込み、最後の最後まで観客を翻弄する、これまで誰も見たことのない全く新しい傑作ミステリー・エンターテインメント。

キャストは、『007』シリーズの最新作も控えるダニエル・クレイグが不敵な笑みを湛えて演じる名探偵ブノワ・ブラン。『アベンジャーズ』シリーズキャプテン・アメリカ役で世界的な人気を獲得、本作ではスーパーヒーローから一転し、周囲を罵倒し強烈なインパクトを残す一家の放蕩息子を演じるクリス・エヴァンス。さらに、アナ・デ・アルマス(『ブレードランナー2049』)、ジェイミー・リー・カーティス(『ハロウィン』)、トニ・コレット(『ヘレディタリー/継承』)、ドン・ジョンソン(『ジャンゴ 繋がれざる者』)、マイケル・シャノン(『シェイプ・オブ・ウォーター』)、キース・スタンフィールド(『ゲット・アウト』)、キャサリン・ラングフォード(NETFLIX「13の理由」)、ジェイデン・マーテル(『IT/イット”それ”が見えたら終わり』)、クリストファー・プラマー(『ゲティ家の身代金』)ら豪華すぎるオールスターキャストが集結し、一癖も二癖もあるキャラクターを演じています。いったい真犯人は誰なのか?そして遺産は誰の手に?

ロッテントマト 驚異の100%(9/10時点) トロント国際映画祭でのワールドプレミアも大熱狂!
ワールドプレミアとなった9月のトロント国際映画祭では、数ある作品の中で高評価を獲得。その評価が注目された有名レビューサイト、ロッテントマトではなんと驚異の100%を記録!(9/10時点)「最初から最後までワクワクが止まらない」「間違いなく今年一番のエンタメ映画」「世界には『ナイブズ・アウト』のような映画がもっと必要だ」「ハラハラする面白さ」「アガサ・クリスティーの現代版、一級品!」と、作品の面白さを絶賛する声はもちろん、「キャストの才能が、すべてのシーンで輝いている」といった、キャストのアンサンブルに加え、注目された“キャプテン・アメリカ”と“ジェームズ・ボンド”の共演にも「エヴァンスが完璧なおべんちゃら男!」、「ブノワ・ブラン(ダニエル・クレイグ)の世界なら喜んで何時間でもいたい“ボンドって誰だっけ?”」とそれぞれが演じた役柄にも大満足の評価。すでに007ファン、アベンジャーズファンを巻き込み大きな盛り上がりを見せています。
本作の続報に是非ご期待ください!

公式HPはこちら
作品情報 2019.8.30

『人生、ただいま修行中』公開決定!

この度、『ぼくの好きな先生』『パリ・ルーヴル美術館の秘密』などで知られる現代ドキュメンタリーの名匠ニコラ・フィリベール監督の最新作
『人生、ただいま修行中』を11月1日(金)より新宿武蔵野館他にて全国順次公開することが決定
いたしました。

フランスで異例の200万人を動員した世界的ヒット作『ぼくの好きな先生』や『パリ・ルーヴル美術館の秘密』などで知られ、フレデリック・ワイズマンらと並ぶ現代ドキュメンタリー最高峰の一人ニコラ・フィリベール監督。
彼の11年ぶりとなる待望の日本公開作『人生、ただいま修行中』は、2016年に監督が救急救命室に運ばれ一命をとりとめたことをきっかけに、医療関係者、特に看護師と共に映画を撮ることを決意し生まれた意欲作。

フランス、パリ郊外の看護学校で学ぶ、40人の150日間
誰もが初めてを経験し、失敗しながら生きていく
人生は学びと喜びに溢れていることを教えてくれる感動の奮闘ドキュメンタリー


舞台となるのは、ニコラ監督が焦点を当て続けてきた、人間はいかにして成長することを学ぶのかというテーマとは切り離せないものごとの基盤となる教育の場。フランス、パリ郊外の看護学校で学ぶ、年齢、性別、出身も異なる多様な生徒たち。採血も点滴も抜糸もギブスを外すことも、全てが初体験。右も左もわからなかった彼らは、やがて実践の現場に駆り出され、つまずき、時に笑い、苦悩し、それでも「誰かの役に立ちたい」と望み少しずつ成長していく。いつしかその姿はスクリーンを越えて今を生きる私たちの物語へとつながっていく。誰もが、初めてを経験し、失敗しながら生きていく。人生は学びと喜びの連続であることを教えてくれる感動の奮闘ドキュメンタリーが誕生しました。
10月の上旬には監督の来日も決定!本作の続報に是非ご期待ください。

公式HPはこちら
作品情報 2019.6.06

『おしえて!ドクター・ルース』公開決定!

平素よりお世話になっております。この度、アメリカで最も有名な90歳の現役セックス・セラピスト、ドクター・ルースの波瀾万丈な人生を描いたドキュメンタリー映画『Ask Dr. Ruth(原題)』の邦題を『おしえて!ドクター・ルース』とし、8月30日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開する運びとなりました。

1981年ニューヨーク。日曜深夜、ラジオから流れるトーク番組「セクシュアリー・スピーキング」に人々は夢中になった。誰も教えてくれない性のお悩みをズバリと解決するドクター・ルース。身長 140 センチ、ドイツ訛りの彼女は、そのチャーミングなキャラクターで、たちまちお茶の間の人気者になった。彼女の評判は全米中を駆け 巡り、84 年にはテレビ番組が全国ネットでスタート。一大ブームを巻き起こした。性の話はタブーだった時代に、エイズへの偏見をなくすべく立ち上がり、中絶問題で女性の権利向上を後押しし、LGBTQの人々に寄り添ってきた。

家族をホロコーストで失った少女時代、終戦後はパレスチナでスナイパーとして活動し、女性が学ぶことが難しかった時代にソルボンヌ大学で心理学を、コロンビア大学院で博士号を取得し、セラピストとしての知識を深めるため コーネル大学へと進学。その間アメリカに渡り、未知の国で英語も不十分なまま、シングルマザーとして娘を育てた。そして30歳の時に、3 度目の結婚で最愛の夫フレッドと出会う。自分らしく生きるために学び、恋し、戦い、働く。いつだって笑顔で前を向く“ドクター・ルース”はいかに誕生したのか。彼女の言葉には、私たちが“自分らしく生きる ヒント”が詰まっている。

何があっても前に進み続けるポジティブな彼女の生き様に、女性だけでなく男性も魅了されること間違いなし!90 歳現役セックス・セラピストのドクター・ルースが、私たちにおしえてくれる超ポジティブで型破りな人生の処方箋が、日本に初上陸する。

作品詳細はこちら
作品情報 2019.5.17

『家族を想うとき』公開決定!

この度、第69回カンヌ国際映画祭にて最高賞パルムドールを受賞した『わたし は、ダニエル・ブレイク』のケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』を、12/13(金)よりヒュー マントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開することとなりました。

2016年のカンヌ国際映画祭にて、最高賞パルムドールを受賞した『わたしは、ダニエル・ブレイク』を最後に映画界からの引退を表明していた、イギリスを代表する名匠ケン・ローチ監督。グローバル経済が加速する中で、変わっていく“人々の働き方”。監督が引退宣言を撤回してまで、本作『家族を想うとき』で描きたかったのは、時代の波に翻弄される「現代の家族の姿」だ。

舞台はイギリス北東部のニューカッスル。父リッキーはマイホーム購入を夢みて、大手配送業者のフランチャイズの下請けドライバーとして働き出す。母アビーはホームヘルパーとして朝から晩まで働く毎日。家族で過ごす時間が減っていく中で、息子セブと娘ジェーンは寂しさを募らせてゆく…。

第72回カンヌ国際映画祭ではコンペティション部門にノミネートされ、『麦の穂を揺らす風』、『わたしは、ダニエル・ブレイク』に続き、3 度目のパルムドール受賞も囁かれている。巨匠ケン・ローチが、美しく力強い家族の絆を通して描く、現代社会へのメッセージとは?世界が注目する最新作が誕生した。

作品詳細はこちら
作品情報 2019.5.15

『The Dead Don‘t Die』(原題)公開決定!

2016年、バス運転手の何気ない日常を切り取った『パターソン』、伝説のバンド「ザ・ストゥージズ」に迫る音楽ドキュメンタリー『ギミー・デンジャー』の2作を同時発表し話題となった鬼才ジム・ジャームッシュ監督、3年ぶりの最新作「The Dead Don’t Die(原題)」が来年2020年の春、全国公開されることが決定致しました!

第72回カンヌ国際映画祭のオープニング作品&コンペティション部門作品として上映される本作は、長年インディペンデント映画界に君臨するジム・ジャームッシュがついにソンビ 映画を手掛けたことで世界中で話題沸騰中。

キャストには、『パターソン』に続きアダム・ドライバー、本作でジャームッシュ監督と3度目のタッグとなるビル・マーレイほか、ティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーヴ・ブシェミ、トム・ウェイツ、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローバー、イギー・ポップ、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズらという、常連組から注目の若手まで、豪華な顔ぶれが集結しました。

カンヌ国際映画祭の常連でもあるジャームッシュ監督が、ゾンビ映画を引っさげ、ついにパルムドール受賞を果たすのか!?映画祭に合わせフランスでの公開もスタートする本作、街中がジャームッシュの新たな傑作に熱狂する中、注目の受賞結果と続報に是非ご期待ください!

作品詳細はこちら
Pagetop