新着情報
NEWS

作品情報

作品情報 2022.9.30

『マッドゴッド』12/2(金) 公開決定!

この度、〈特殊効果の神〉フィル・ティペット監督作『マッドゴッド』を、12月2日(金)新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、
池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開することが決定いたしました!

彼がいなければ『スター・ウォーズ』『ジュラシック・パーク』は存在しなかった
制作期間30年!《特殊効果の神》フィル・ティペットが生んだ執念と狂気のストップモーションアニメ
『スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズなど、誰もが知る名作の特殊効果の数々を手掛け、その後のSF作品に計り知れない影響を与えた巨匠フィル・ティペット。今から約30年前、『ロボコップ2』(90)の撮影後に本作のアイデアを閃き、地道に製作を続けていた。『ジュラシック・パーク』(93)で時代が転換点を迎え、業界が本格的にCG映像へと移行。「俺の仕事は絶滅した」とプロジェクトは中断された――。それから20年後。ティペット・スタジオの若きクリエイターたちが倉庫を掃除しているときに奇跡的に当時のセットを発見し、企画が再始動。フィルは新世代のアーティストや職人に教え、愛情込めた作品を蘇らせたのだった。

天才の執念と狂気が生み出した地獄のディストピアを巡るダークファンタジー
「天国よりも地獄に惹かれる」と語る天才ティペットの潜在意識から溢れ出したのは、かつて誰も見たことのない暗黒世界。
孤高のアサシンが荒廃した地底に潜り、拷問された魂、老朽化した地下壕、うごめく不気味なクリーチャーたちのあいだを巡っていく。

CGの進歩に対抗して魂を貫いた巨匠の集大成、ひいては映画史に残る最高傑作が、ついに完成!
ぜひ続報にご期待ください!

作品詳細はこちら
作品情報 2022.9.01

『シスター 夏のわかれ道』11/25(金)公開決定!(配給:松竹、宣伝:ロングライド)

この度、中国全土を巻き込む社会現象となった映画『シスター 夏のわかれ道』(英題:Sister)が11月25日(金)より全国公開いたします。弊社は本作の宣伝を担当します。

自分の人生か、姉として生きるかーー 
迷いながらも現代を生きるすべての人に贈る希望の物語
看護師として働くアン・ランは、医者になるために北京の大学院進学を目指していた。ある日、疎遠だった両親を交通事故で失い、見知らぬ6歳の弟・ズーハンが突然現れる。望まれなかった娘として、早くから親元を離れて自立してきたアン・ラン。一方で待望の長男として愛情を受けて育ってきたズーハン。姉であることを理由に親戚から養育を押し付けられるが、アン・ランは弟を養子に出すと宣言する。養子先が見つかるまで仕方なく面倒をみることになり、両親の死すら理解できずワガママばかりの弟に振り回される毎日。しかし、幼い弟を思いやる気持ちが少しずつ芽生え、アン・ランの固い決意が揺らぎ始める…。自分の人生か、姉として生きるか。葛藤しながらも踏み出した未来への一歩とはー。

本国で2週連続No.1!SNSで感動と共感の口コミが爆発し、
『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を超え、異例の大ヒット!
本国ではSNSで感動と共感の熱い声が爆発的に広がり、2週連続興収No.1を獲得。年間では『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』を超え、興収171億円を突破するという社会現象に。アン・ランを演じるのは新世代スター、チャン・ツィフォン。弟役のダレン・キムは映画初出演にして、観客が号泣するほどの名演を見せた。監督イン・ルオシン、脚本ヨウ・シャオイン。新鋭女性作家のタッグが揺れ動く“いま”の中国社会の背景にある一人っ子政策と家父長制の影に真正面から切り込んだ。人生で大切なものとは何か?迷いながらも現代を生きる私たちに勇気をくれる感動作が誕生した。

作品詳細はこちら
作品情報 2022.7.22

『地下室のヘンな穴』9/2(金) 公開決定!

この度、第72回ベルリン国際映画祭正式出品、フランスの鬼才カンタン・デュピュー監督最新作『Incredible But True』(英題)を、
邦題『地下室のヘンな穴』とし、9月2日(金)に新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国公開することが決定いたしました。

引っ越した家には【12時間進んで、3日若返る】奇妙な穴がありました。
摩訶不思議な “穴” をめぐる74分間の〈世にも奇妙な物語〉

あなたは入ってみますか?

緑豊かな郊外に建つモダニズム風一軒家の下見に訪れた中年夫婦のアランとマリー。
購入すべきか迷う夫婦に怪しげな不動産業者がとっておきのセールスポイントを伝える。
地下室にぽっかり空いた“穴”に入ると「12時間進んで、3日若返る」というのだ。
夫婦は半信半疑でその新居に引っ越すが、やがてこの穴はふたりの生活を一変させていく……。


“フランスのスパイク・ジョーンズ”の異名をとるカンタン・デュピュー。
意思を持つ殺人タイヤの『ラバー』、鹿革ジャケットに取りつかれた男の狂気『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』など
異色作、怪作で知られる仏映画界でオンリーワンの鬼才の新作が遂に日本上陸!! ぜひ続報にご期待ください!

作品詳細はこちら
作品情報 2022.5.30

『1640日の家族』7/29(金) 公開決定!

この度、フランスを涙で包んだ実話に基づく感動作『1640日の家族』を7月29日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開することが決定いたしました。

里親と“息子”の幸せな日々に、突然訪れた“家族”のタイムリミット
彼らが選んだ未来とはー。フランスをあたたかな涙で包んだ実話に基づく感動の物語


生後18ヶ月のシモンを受け入れた里親のアンナと夫のドリス。2人の息子とは兄弟のように育ち、幸せな4年半が過ぎようとしていた。ところがそんなある日、実父のエディからシモンを手元で育てたいという申し出が。突然訪れた“家族”でいられるタイムリミット。その時、彼らが選んだ未来とはー。

長編デビュー作『ディアーヌならできる』(17)で第9回マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル映画監督審査員賞を受賞したファビアン・ゴルジュアール監督。2作目となる本作は、監督が子どもの頃、両親が里子を迎え、4年半一緒に暮らした体験を基に生まれた。人生を変えたこの経験をずっと映画にしたいと思い続け、念願の企画が実現。深い愛と絆を描く新たな珠玉作が誕生した。
6歳の少年シモンには、本作が演技初挑戦となるガブリエル・パヴィが抜擢。愛情豊かな里親家庭と実父の間で揺れる姿を繊細に演じきった。里親のアンナにはセザール賞受賞女優のメラニー・ティエリー、夫役には「キャメラを止めるな!」(22)のリエ・サレム、実父のエディには『沈黙のレジスタンス 〜ユダヤ孤児を救った芸術家〜』(20)のフェリックス・モアティら実力派が出演。

今は一緒にいなくても、血がつながっていなくても、家族だった時間は消えない。さまざまなかたちの家族にエールを贈る奇跡の物語。

作品詳細はこちら
作品情報 2022.5.25

『長崎の郵便配達』8/5(金)公開決定!

この度、ドキュメンタリー映画『長崎の郵便配達』が8月5日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国公開することが決定いたしました。

『ローマの休日』のモチーフとなったといわれるタウンゼンド大佐が
長崎のスミテル少年に出会い、生まれた物語
父から娘へ― そしてあなたへ贈る平和のメッセージ


はじまりは1冊の本だった。著者はピーター・タウンゼンド氏。戦時中、英空軍のパイロットとして英雄となり、退官後はイギリス王室に仕え、マーガレット王女と恋に落ちるも周囲の猛反対で破局。この世紀の悲恋は世界中で話題となり、映画『ローマの休日』のモチーフになったともいわれる。その後、世界を回り、ジャーナリストとなった彼が、日本の長崎で出会ったのが、16歳で郵便配達の途中に被爆した谷口稜曄(スミテル)さんだった。生涯をかけて核廃絶を世界に訴え続けた谷口さんをタウンゼンド氏は取材し、1984年にノンフィクション小説「THE POSTMAN OF NAGASAKI」を出版する。 映画『長崎の郵便配達』は、タウンゼンド氏の娘であり、女優のイザベル・タウンゼンドさんが、父親の著書を頼りに長崎でその足跡をたどり、父と谷口さんの想いをひもといていく物語だ。

川瀬美香監督は、谷口さんより出版についての相談を受け、ニューヨークでの講演を聞いたり、さらに、父の意志を受け継ぎたいと願うイザベルさんと出会ったことで、映画の制作を決心した。2017年、谷口さんが突然帰らぬ人となり、プロジェクトは一時中断しかけたが、奇跡的にタウンゼンド氏の取材テープを発見。天のふたりから導かれるようにして歩みを進めていった。「核兵器」という言葉がリアルに響く今この時代こそ、平和の願いを誰かに“配達”してほしい。父から娘へのメッセージは、今、あなたの元へと届きます。

ぜひ続報にご期待ください!
作品詳細はこちら
作品情報 2022.5.12

『神々の山嶺』7/8(金)公開決定!

この度、第47回セザール賞アニメーション映画賞を受賞し、フランスで大ヒットを記録した日本原作のアニメーション映画『神々の山嶺(いただき)』を7月8日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開することが決定いたしました。

夢枕獏×谷口ジローの傑作漫画が待望のアニメ化!
登山史上最大の謎に迫る、究極の冒険ミステリーが仏で10万人を超える大ヒットを記録!


作家・夢枕獏のベストセラー小説を 、圧倒的な画力で世界中にファンを持つ谷口ジローが漫画化した「神々の山嶺(いただき)」が、故・谷口も製作に参加し7年の歳月をかけ、ついにフランスでアニメ化が実現!物語は、「登山家マロリーはエベレスト初登頂に成功したのか?」という登山史上最大の謎に迫りながら、孤高のクライマー・羽生と、彼を追うカメラマン・深町が不可能とされる冬季エベレスト南西壁無酸素単独登頂に挑む姿を描く。大ヒットアニメーション映画『ウルフウォーカー』の製作チームが、実写では再現不可能な命がけの登攀シーンを限界までリアルを追求し圧巻の映像で表現。フランスでは300を超える劇場で上映され13万人超動員の大ヒットを記録。全世界ではNetflixが配信権を獲得するも、日本では貴重なスクリーンでの公開がついに決定。今夏、待望の凱旋上映となる。

故・谷口ジローが参画した7年のアニメ化プロジェクトがついに完成
原作の夢枕獏著の小説「神々の山嶺」(集英社文庫/角川文庫)は1998年に第11回柴田錬三郎賞を受賞。同作を漫画化した谷口ジロー画「神々の山嶺」(集英社文庫)も2001年に、第5回文化庁メディア芸術祭マンガ部門・優秀賞を受賞しており、いずれも作者の代表作として、現在もなお愛され続ける伝説的作品である。2017年に逝去した漫画家、谷口ジローはフランスでも絶大な人気を誇り、「漫画界の小津安二郎」と称され、フランス文化省から芸術文化勲章シュヴァリエ章を授与されるほどリスペクトを受けている。フランスアニメ界からの熱烈なオファーにより、漫画「神々の山嶺」のアニメ映画化が決定し、生前、谷口も二度渡仏して製作に参画した。日本の傑作漫画をフランスでアニメーションにするビッグプロジェクトは、7年の月日をかけて完成。第74回カンヌ国際映画祭で正式上映されると、実写では描き得ない驚異的なスケールに観客や批評家たちが息を呑み絶賛し、第47回セザール賞ではアニメーション映画賞受賞を果たした。

声優界きっての大御所揃い、豪華吹き替えキャストが集結!
本作は、原作国である日本でのみ、豪華声優陣の吹き替え版が上映される。吹き替えを務めるのは、声優界きっての大御所の面々だ。ブラッド・ピットの吹き替えや「機動戦士ガンダムZZ」、「ポケットモンスター」などのアニメで知られる堀内賢雄が主人公の一人、深町誠の声を担当。本作で圧倒的存在感を放つ孤高のクライマー羽生丈二の声を務めるのは、「攻殻機動隊」、「ブラック・ジャック」などのアニメから、世界的人気ゲーム「メタルギアソリッド」シリーズのスネークなどで知られる大塚明夫だ。他にも、羽生の後輩・文太郎役に「鬼滅の刃」の逢坂良太、羽生の行方の手がかりを握る涼子役を「THE IDOLM@STER」で人気を博す今井麻美が務めた。日本でのみ観ることができる貴重な吹き替え版は必見!

この夏、最高の冒険ミステリー『神々の山嶺』日本だけの吹き替え版上映は7月8日(金)より全国公開!
作品詳細はこちら
作品情報 2022.3.24

『オフィサー・アンド・スパイ』6/3(金) 公開決定!

この度、第76回ベネチア国際映画祭銀獅子賞受賞ロマン・ポランスキー監督最新作『An Officer and a Spy』(英題)を、
邦題『オフィサー・アンド・スパイ』とし、6月3日(金)にTOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開することが決定いたしました。

あなたが知らない!歴史を変えた逆転劇
世界が震撼した[衝撃の実話]世紀の国家スキャンダル〈ドレフュス事件〉映画化

巨大権力と闘った男の不屈の信念と壮絶な逆転劇を描く歴史サスペンス!

反ユダヤ感情が高まる19世紀末のフランス。ドイツに機密を漏洩したスパイ容疑で終身刑となったユダヤ人大尉ドレフュス。
彼の無実を示す衝撃の証拠を発見した対敵情報活動を率いるピカール中佐が、スキャンダルを恐れ証拠の捏造や文書の改竄など
あらゆる手で隠蔽をもくろむ国家権力に抗いながら真実と正義を追い求める姿を描く。

ぜひ続報にご期待ください!

作品詳細はこちら
作品情報 2022.3.09

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』6/3(金) 公開決定!

この度、ジョニー・デップ製作、伝説のパンク・バンド「ザ・ポーグズ」シェイン・マガウアンの人生に迫るドキュメンタリー『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』(英題:Crock of Gold: A Few Rounds with Shane MacGowan)を6月3日(金)、渋谷シネクイントほか全国順次公開することが決定いたしました!

カルト的伝説のパンク・バンド「ザ・ポーグズ」のフロントマンで強烈に厄介な天才シンガー、シェイン・マガウアン。
30年来の友人ジョニー・デップ製作でドキュメンタリー映画化!


アイリッシュ・パンク(ケルト音楽とパンク・ロックが融合したジャンル)という一大ジャンルを築き上げ、ヨーロッパで最も人気なクリスマス・ソング「ニューヨークの夢」等のヒット曲で知られる伝説の英パンク・バンド「ザ・ポーグズ(THE POGUES)」。そのフロントマンで、多くのミュージシャンが愛して止まない天才シンガー、シェイン・マガウアン。5歳から飲酒、競馬、タバコを嗜み、10代で移住したロンドンでドラッグ地獄に転落。そこから這い上がるように始めたバンドで、絶大な人気を集め瞬く間に英ロック界のスターに。そんな彼の伝説は音楽だけに留まらず、ライブ中泥酔して退場、素行が悪すぎてバンドから追放、長年にわたる酒と薬の濫用で50歳にして全歯を失うなど、音楽史に残る仰天事件を連発。

本作では爆弾発言だらけのシェインのインタビュー映像に加え、貴重なライブ映像やプライマル・スクリームのボビー・ギレスピー、ジョニー・デップ本人たちがインタビュアーとして出演。アイルランドで過ごした子供時代からロンドンのパンク・シーンで活動したシェインの軌跡を通じて、彼の情熱、ユーモア、深い音楽知識、歴史、ポップカルチャーが見事に描かれている。

破天荒すぎるシェインのパンクな人生が、失いかけた情熱を呼び起こしてくれる!『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』、ぜひ続報にご期待ください!
作品詳細はこちら
作品情報 2022.2.02

『パリ13区』4/22(金) 公開決定!

この度、2021年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品、ジャック・オディアール監督×セリーヌ・シアマ脚本の話題作“Paris, 13th District (英題)”の邦題を『パリ13区』として、4月22日(金)、新宿ピカデリーほかにて全国公開することが決定いたしました。

鬼才ジャック・オディアール監督(『ディーパンの闘い』)×気鋭セリーヌ・シアマ脚本(『燃ゆる女の肖像』)
フランス映画界の世代を超えるビッグコラボが描く“新しいパリ”

カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『ディーパンの闘い』、グランプリ受賞『預言者』など数々の名作で世を驚かせてきた、今年70歳を迎える鬼才ジャック・オディアール監督。待望の最新作では、『燃ゆる女の肖像』で一躍世界のトップ監督となった現在43歳のセリーヌ・シアマと共同で脚本を手がけ、“新しいパリ”の物語を、洗練されたモノクロの映像美で大胆に描き出した。コロナ禍で撮影期間が限定されたために、クランクイン前のリハーサルに力を入れ、今までにない濃厚な作品づくりが行われたという本作。2021年第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でお披露目されるや、フランス映画界屈指の世代を超えたビッグコラボが大きな注目を集め、「間違いなく、『今』を物語る映画だ」-Time Out 「息をのむ、ヌーベルヴァーグ映画に匹敵する美しさ」-Daily Telegraph (UK) 「つながりを求めるミレニアル世代が魂を込めて織り成す、モノクロの艶やかなタペストリー」-Variety 「唯一無二の映画だ」-AwardsWatch と絶賛を浴びた。また、先日ノミネーションが発表された第47回セザール賞では、撮影賞、脚色賞、音楽賞、有望若手女優賞、有望若手男優賞の5部門に選出された。(授賞式は現地時間の2月25日。)

パリ13区の今日。コールセンターで働く台湾系のエミリーと高校教師のカミーユ、33歳で大学に復学したノラ、そしてポルノ女優のアンバー・スウィート。多文化で活気あふれる現代のパリで、ミレニアル世代の若者たちが織りなす、不器用で愛おしい人間模様。 原作は、北米のグラフィック・ノベリスト、エイドリアン・トミネによる3つの短編「アンバー・スウィート」「キリング・アンド・ダイング」「バカンスはハワイへ」。ニューヨーカー誌のカバーイラストや、WEEZER、ヨ・ラ・テンゴといったミュージシャンのアルバムのジャケットを手がけることでも知られるほか、自伝的物語を描いた最新作はA24とアリ・アスター製作でのアニメ化が進んでいる。あらゆるカルチャー分野から熱い眼差しが注がれる、今最注目の作家だ。

オディアールとシアマ、フランス映画界の最前線を走る2人がタッグを組んだ話題作、ぜひ続報にご期待ください!
作品詳細はこちら
作品情報 2021.12.20

『白い牛のバラッド』2/18(金) 公開決定!

この度、第71回ベルリン国際映画祭金熊賞&観客賞ノミネート作『白い牛のバラッド』を2月18日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開することが決定いたしました。

死刑執行数世界2位のイランから
緻密な心理描写と緊張感溢れる極上のサスペンス誕生
愛する夫を死刑で失い、ろうあの娘を育てながら必死で生活する妻ミナ。1年後に突然、夫の無実が明かされ深い悲しみに襲われる。賠償金よりも判事に謝罪を求める彼女の前に、夫の友人を名乗る男レザが現れる…。ミナは親切な彼に心を開いていくが、ふたりを結びつける“ある秘密”には気づいていなかった。罪と償いが交錯した果てに、彼女が下した決断とはー。センセーショナルな大反響を呼んだ『ELLE エル』『プロミシング・ヤング・ウーマン』に続き、理不尽な社会に立ち向かう女性の姿を巧みに描いた本作。感情を揺さぶられるラストシーンは、究極の問いかけがこめられている。

世界が絶賛!気鋭の女性監督が自ら演じ、伝えたかった物語
本作は第71回ベルリン国際映画祭で金熊賞、観客賞にノミネートされ批評家からはアスガー・ファルハディの傑作と並ぶと高く評価された。監督のベタシュ・サナイハとマリヤム・モガッダムは本作が2度目の共同監督。主演のミナ役も務めたモガッダム監督は、シングルマザーの生きづらさ、理不尽な社会と闘う女性を見事に演じ、各国の映画祭で絶賛された。イランの厳罰的な法制度を背景に、現代の闇をあぶりだした本作は、死刑制度が存在するここ日本でも観客の胸に深く突き刺さる。自国ではイラン政府の検閲により正式な上映許可が下りず、3回しか上映されていない。

作品詳細はこちら
Pagetop