新着情報
NEWS

作品情報

作品情報 2021.7.02

『MINAMATAーミナマター』公開日が9/23(木・祝)に決定!本ビジュアル解禁!

この度、ジョニー・デップ製作/主演最新作『MINAMATA(原題)』の邦題を『MINAMATA―ミナマター』とし、
9月23日(木・祝)にTOHOシネマズ 日比谷他にて全国公開することが決定!あわせて、待望の日本版ビジュアルも解禁致しました!

熊本県水俣市のチッソ工場の廃水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集「MINAMATA」だ。ジョニー・デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン氏。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作/主演で待望の映画化が実現した。共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結。坂本龍一が音楽を手掛けた。

「MINAMATAーミナマター」ムビチケ前売券(オンライン)購入者限定キャンペーンスタート

現在発売中のムビチケ前売券(オンライン)ご購入者全員に映画『MINAMATA―ミナマター』オリジナルのジョニー・デップのバーチャル背景を
プレゼント!また、抽選で写真集「MINAMATA」などがもらえる豪華キャンペーンが実施中。
ご購入はこちら

<賞品> 写真集「MINAMATA」 1名様、非売品海外版ポスター 3名様

*キャンペーン実施期間:2021/7/2(金)正午 ~2021/9/30(木)23:59まで
*ムビチケ前売券(オンライン)の販売は2021/9/22(水)まで


ユージンに長年憧れを抱いたジョニーが、「映画の持つ力をフルに活用して、この歴史は語り継がれなければならない」と映画化を熱望し、
自ら製作・主演を務めた、役者人生をかけた衝撃の感動作!続報にご期待ください。

作品詳細はこちら
作品情報 2021.6.14

『モロッコ、彼女たちの朝』8/13(金)公開決定!

この度、第92回アカデミー賞モロッコ代表作『モロッコ、彼女たちの朝』の公開日が、が8月13日(金)に決定!TOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開することとなりました。

カサブランカで女手ひとつでパン屋を営むアブラと、その扉をノックした未婚の妊婦サミア。思いがけぬ出逢いが、ふたりの人生に光をもたらしてゆくー。

新星マリヤム・トゥザニ監督が、過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出をもとに作り上げた長編デビュー作。家父長制の根強いモロッコ社会で女性たちが直面する困難と連帯を、フェルメールやカラヴァッジョといった西洋画家に影響を受けたという豊かな色彩と光で、美しく描き出した。

本作は2019年のカンヌを皮切りに世界中の映画祭で喝采を浴び、女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表に選出。さらに、現在までにアメリカ、フランス、ドイツなど欧米を中心に公開され、ここ日本でも初めて劇場公開されるモロッコの長編劇映画となった。

製作・共同脚本に、本年度カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に監督作が正式出品された著名監督で、トゥザニ監督の夫でもあるナビール・アユーシュ。主演に、『灼熱の魂』のルブナ・アザバルと、日本初紹介のニスリン・エラディ。

作品詳細はこちら
作品情報 2021.6.04

『モロッコ、彼女たちの朝』邦題&公開決定!

この度、第92回アカデミー賞モロッコ代表作『ADAM(英題)』の邦題を『モロッコ、彼女たちの朝』とし、8月、全国公開することが決定いたしました。

モロッコの異国情緒と甘い香りが包み込む、始まりの物語
地中海に面する北アフリカの「魅惑の国」モロッコから、小さな宝石のような映画が届いた。カサブランカのメディナ(旧市街)で、女手ひとつでパン屋を営むアブラと、その扉をノックした未婚の妊婦サミア。それぞれに孤独を抱えていたふたりだったが、丁寧に捏ね紡ぐ伝統的なパン作りが心を繋ぎ、やがて互いの人生に光をもたらしてゆく。モロッコの伝統的なパンや焼き菓子、幾何学模様が美しいインテリア、軽やかなアラビア音楽…、あふれる異国情緒とともに、親密なドラマが描き出される。自分らしく生きると決めた彼女たちが迎える朝の景色とはー。

女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表!
世界の心を掴んだ新しい才能

新星マリヤム・トゥザニ監督が、過去に家族で世話をした未婚の妊婦との思い出をもとに作り上げた本作。家父長制の根強いモロッコ社会で女性たちが直面する困難と連帯を、フェルメールやカラヴァッジョといった西洋画家に影響を受けたという質感豊かな色彩と光で描き、「飾り立てず、それでいて芸術的」(The Age) 「心打たれる」(Los Angeles Times)「繊細な絵画のよう」(World Film Reviews)「美しさと強さを兼ね備えた映画」(euronews)と、2019年のカンヌを皮切りに世界中の映画祭で喝采を浴びた。現在までにアメリカ、フランス、ドイツなど欧米を中心に公開。なんと、日本でモロッコの長編劇映画が劇場公開されるのもこれが初めてのこと。さらに女性監督初のアカデミー賞モロッコ代表に選ばれるなど、長編デビュー作ながら快進撃が続いている。 本作の製作・共同脚本を手がけるのは、アラブ圏を代表する映画監督の一人で、トゥザニ監督の夫でもあるナビール・アユーシュ。主演を務めたのは、『灼熱の魂』で世界各国の映画賞を受賞し、一躍注目を集めたルブナ・アザバルと、日本初紹介のニスリン・エラディ。アラブやヨーロッパを拠点に活躍する人気女優のふたりの共演は「素晴らしい演技」(Screen)「言葉よりも一つ一つの仕草が彼女たちを物語る」(Los Angeles Times)と絶賛された。
世界中の映画祭で話題をさらった、モロッコ発の美しい “始まり”の物語がこの夏、いよいよ日本で公開。続報にどうぞご期待ください!

作品詳細はこちら
作品情報 2021.6.03

「 JIM JARMUSCH Retrospective 2021 」開催決定!

この度、ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模な特集上映が、2021年7月2日(金)から22日(木)の3週間限定で、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント、アップリンク吉祥寺の4館で開催することが決定致しました!

インディペンデント・シーンを牽引し、長年にわたり世界中の映画人たちから愛されリスペクトされてきた鬼才ジム・ジャームッシュ監督。日本でも80年代後半から90年代のミニシアターブームを支え、そして日本の映画人たちにも大きな影響を与え、映画ファンから熱烈な人気を誇っている。2017年に公開された『パターソン』ではクチコミが広がり、国内で大ヒットを記録。若者からシネフィルまで多くの観客を魅了してきた。

1986年に日本で劇場公開された初期三部作『パーマネント・バケーション』、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』、『ダウン・バイ・ロー』から35年の時を経て、ジャームッシュ監督の初期作から最新作まで豪華12作品が一挙スクリーンで公開する!今回ついに実現することとなった待望の特集上映が、1980、90年代のミニシアターブームの中心地、新宿、有楽町、渋谷、吉祥寺の映画館をジャック。さらに都内4館以外にも全国順次公開予定となっており、この夏、日本全国でジャームッシュ祭りが巻き起こる!

作品詳細はこちら
作品情報 2021.6.01

『ジュゼップ 戦場の画家』邦題&公開決定!

この度、セザール賞で長編アニメーション賞ほか、ヨーロッパの映画賞を総ナメにした『JOSEP(原題)』を邦題『ジュゼップ 戦場の画家』とし、8月13日(金) 新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開することが決定いたしました!

強制収容所でペンを握りしめ、激動の時代を乗り越えたー
今を生きるあなたへ贈る感動の実話
1939年、スペイン内戦により、避難先のフランスの強制収容所で難民となった実在の画家ジュゼップ・バルトリ。人間の尊厳を踏みにじられる過酷な状況のなか、あるフランス人憲兵との間に有刺鉄線を越えた友情が芽生える。愛する人との再会を胸に、どんな現実も描くことで生き抜いたー。

メガホンをとったのは、フランスの全国紙「ル・モンド」などのイラストレーターとして活躍してきたオーレル。ジュゼップが収容所で記した鮮烈なスケッチに触発され、自らのペンで伝えたいと駆り立てられた。この偉大な先人の作品に初めて接したときから、10年の歳月を費やして遂に本作を完成させ、華々しい長編アニメーション監督のデビューを飾った。

ここ日本では第8回東京アニメアワードフェスティバルで審査員をつとめた片渕須直監督が絶賛し、長編コンペティション部門グランプリと東京都知事賞のW受賞を獲得、早くから話題を呼んだ感動の実話だ。戦禍の時代を乗り越えた人々を感動的に描き上げた『この世界の片隅に』、『風立ちぬ』に続く、新たなアニメーションの傑作が誕生!どうぞご期待ください!
作品詳細はこちら
作品情報 2021.4.22

『MINAMATA(原題)』2021年9月公開決定!

この度、ジョニー・デップ製作/主演最新作『MINAMATA(原題)』が2021年9月、日本公開されることが決定しました。

熊本県水俣市のチッソ水俣工場による工業排水を原因とし、現在まで補償や救済をめぐる問題が続く日本における“四大公害病”のひとつ水俣病。その存在を世界に知らしめたのが、写真家ユージン・スミス氏とアイリーン・美緒子・スミス氏が1975年に発表した写真集「MINAMATA」だ。ジョニー・デップ自身が長年の憧れだったと語るユージン氏。彼の遺作ともなったこの写真集を基に、ジョニー自身の製作/主演で待望の映画化が実現した。

映画では、報道写真家として功績を評価されながらも心に傷を抱えたユージン氏が、当時の妻アイリーン氏とともに水俣を訪れ1971年から1974年の3年間現地で暮らし、人々の日常や抗議運動、補償を求め活動する様子を何百枚もの写真に収めていく濃密な日々がドラマチックに描かれる。「彼(ユージン氏)は心の中に痛みを抱えていた。でも、水俣が彼の心を再び開いたんだと思う」と語るジョニー・デップが容姿から内面に至るまで、傷ついた写真家が、再びカメラを手に取り、闘いに身を投じていくその生き様を見事に体現し現代に蘇らせた。本作は、2020年ベルリン国際映画祭で特別招待作としてワールドプレミア上映され「デップが最高の演技を披露-THE PLAYLIST」「デップが役に消える—DEADLINE」とジョニーの魂の演技に各国メディアが絶賛。プレミアの模様は日本ほか世界中のメディアで報道された。共演はビル・ナイ、日本から真田広之、國村隼、美波、加瀬亮、浅野忠信、岩瀬晶子など実力派キャストが集結。音楽を手掛けたのは坂本龍一。主な撮影はセルビア、モンテネグロで行われた。 今年、2021年(5月1日)は水俣病公式確認から65年を迎える。
作品情報 2021.1.30

『旅立つ息子へ』邦題&公開決定!

この度、第73回カンヌ国際映画祭など世界中の映画祭に正式出品され観客を感動で包んだニル・ベルグマン監督最新作『Here We Are(英題)』を『旅立つ息子へ』の邦題とし、3月26日(金)にTOHOシネマズ シャンテほか全国公開することが決定いたしました!

君のために何ができるだろう。
子育て卒業の時がいつか訪れることは、わかっていた。
父と息子の実話に基づく絆の物語。

世界でいちばん愛する息子のために、キャリアも捨てて、子育てに人生を捧げてきた元グラフィックデザイナーの父。金はなくても愛がある!と田舎に引っ込み、2人だけの世界を楽しんできた。ところがある日、彼らに突然の試練が訪れて…。自閉症スペクトラムを抱える息子を全力で守る父と、父の愛を受けとめて心優しい青年に成長した二十歳の息子。このふたりの結末に、「国境を越えてどの国の親でも共感できる作品」「本当に“染みる”という体験」と深い余韻を残し、早くも絶賛の声があがっている。

メガホンを撮ったのは、イスラエルを代表する巨匠ニル・ベルグマン。繊細に揺れ動く家族の姿を描き続け、東京国際映画祭史上初にして唯一の二度のグランプリ受賞の快挙を果たした。本作では、国内で最も有名な映画評論家から、是枝裕和監督の作品と並べられ、イスラエル・アカデミー賞では監督賞はじめ主要賞を総ナメするほど高い評価を得ている。

息子ウリ役を演じた気鋭の新人ノアム・インベルは、リアリティ溢れる天才的な演技で『ギルバート・グレイプ』のレオナルド・ディカプリオの再来を彷彿させると世界中で評判に。父親役のシャイ・アヴィヴィはイスラエルで活躍するベテラン俳優で、息子への想いを全身で表現し、2人が紡ぐ親子の強い絆と溢れる愛は涙なしではみられない。

世界中で共感と感動の涙がこぼれた、実話をもとにした親子の愛情物語。どうぞご期待ください! 作品詳細はこちら
作品情報 2021.1.28

『サンドラの小さな家』邦題&公開決定!

この度、フィリダ・ロイド監督最新作『Herself』の邦題を『サンドラの小さな家』とし、4月2日(金)、新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国公開することが決定いたしました。


家も人生も、自分たちの手で建て直す。
生きづらいこの世界に立ち向かう母娘と隣人たちの、奮闘と希望の感動作​。

『マンマ・ミーア!』『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のフィリダ・ロイド監督、『女王陛下のお気に入り』『ルーム』のチームが製作を手掛けた話題作。企画・脚本・主演を務めたのは新星クレア・ダン。ダブリンに住む親友のエピソードから着想を得て本作を執筆した。

夫の虐待から逃れ、住まいを失った若い母親サンドラと2人の娘たちが、周囲の人々と助け合いながら自らの手で小さな家を建てる──。

2020年のサンダンス映画祭で初お披露目されるや、「力を与えてくれる、タイムリーな物語」(Variety)、「クレア・ダンという驚くべき才能の出現」(IndieWire)、「最高傑作」(Little White Lies)とメディアや批評家が絶賛!!米映画批評サイト「ロッテントマト」では満足度93%を記録(1/24時点)し、Variety誌が選ぶ2020年ベスト映画第4位に選出された。また、「ゴールデン・グローブ賞も期待できる」(Gold Derby)「フィリダ・ロイドは来年のオスカーで“ガラスの天井を破る6人目の女性”になるかもしれない」(Variety)と、アカデミー賞を有力視する声もあがっており、本年度の賞レースの中でも大注目の1本である。

一人ではできないことも、仲間の助けがあれば乗り越えられる。そんな、コロナ禍の世界に希望を与えてくれるようなテーマを、「家を建てる」ことを通じて象徴的に描き出す本作。家庭内暴力、ひとり親の貧困、住宅問題など…、日本に共通する社会問題にも鋭く切り込んでおり、「ケン・ローチを彷彿とさせる」(Celluloid Dreams)と評されるように、格差や自己責任の時代に向けた力強いメッセージを放っている。

いま世界が熱い注目を向けるクリエーターのクレア・ダン。そして、彼女に共鳴したイギリス・アイルランドの実力派チームが結集した本作に、どうぞご期待ください!
作品情報 2021.1.21

本年度アカデミー賞最有力『ファーザー』邦題 & 日本公開決定!(配給:ショウゲート、宣伝:ロングライド)

この度、名優アンソニー・ホプキンスの役者人生の集大成としてアカデミー賞有力候補となっている傑作『The Father(原題)』が、『ファーザー』の邦題で、5月、TOHOシネマズ シャンテ他にて日本公開されることが決定致しました。弊社は本作の宣伝を担当します。

本作は、世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化で、かつてないスリリングな映像体験で心を揺さぶる今年最高の感動作です。

先日12月31日に83歳を迎えた名優アンソニー・ホプキンスが自身と同名、同年齢、同誕生日の認知症の父親を演じ、本年度アカデミー賞主演男優賞が有力視されています。2020年のサンダンス映画祭で初お披露目された際には、「圧倒的実力で早くも2021年の賞レースに躍り出た。彼を凌駕する俳優はいないだろう。」(THE GUARDIAN)「彼の代表作の1つとして歴史に残るだろう。」(THE HOLLYWOOD REPORTER)と喝采を浴び、有名批評サイト「ロッテントマト」では100%の満足度を記録し、(1/12時点)早くも多数のメディアがホプキンスをオスカー大本命として太鼓判を推し、これが実現すれば、過去5回のノミネートを誇るアカデミー賞で『羊たちの沈黙』(91)レクター博士役以来30年振りの受賞となります。

また、父を介護する娘を繊細に演じたアカデミー賞主演女優賞受賞『女王陛下のお気に入り』(18)のオリヴィア・コールマンの演技も高く評価され、彼女もアカデミー賞助演女優賞が有力視されています。

アカデミー賞前哨戦となる賞レースでは、早くもボストン映画批評家協会賞、フロリダ映画批評家協会賞でアンソニー・ホプキンスが主演男優賞を受賞している他、3つの受賞、31のノミネートを果たしています。(1/5時点)名優による圧倒的な演技と、これまでにない映画体験で、今年最も心揺さぶられる感動作になること間違いなしの傑作『ファーザー』。続報にご期待ください。

作品詳細はこちら
作品情報 2020.12.04

『野球少女』邦題&公開決定!

この度、日本でも大人気のNetflix「梨泰院クラス」でトランスジェンダーのマ・ヒョニ役を演じ、大ブレイクを果たしたイ・ジュヨン。彼女を主演に迎えた瑞々しい傑作青春映画『BaseballGirl』(英題)が『野球少女』の邦題で2021年3月全国ロードショーすることが決定致しました。

私の未来は誰にもわからない。
プロを夢見る天才野球少女の終わりなき挑戦。
「梨泰院クラス」のイ・ジュヨン主演! 韓国から新たな傑作青春映画が誕生!

今年、社会現象ともなり世界中で大ヒットとなったドラマ「梨泰院クラス」。そのメインキャストの中でも異彩を放つ、タンバムの料理長マ・ヒョニを演じたイ・ジュヨンは確かな演技力と存在感で視聴者の心を掴み、新世代のスターの仲間入りを果たしました。また、先日行われたアジアアーティストアワードでアイコン賞を受賞し、まさに韓国エンタメ界のアイコニックとして今最も旬な女優に。そんなイ・ジュヨンが今回演じるのは、プロ野球選手を目指す《天才野球少女》。決して夢を諦めずに、社会に立ち向かっていく姿に、誰もが胸を打たれ、口コミが話題を呼びスマッシュヒットとなりました。

主演のイ・ジュヨンは、『春の夢』、『蚕を飼っていた部屋』、『なまず』等の話題作に多数出演し、多彩な演技を披露してきた、韓国インディーズ界の名女優。本作で天才野球少女を演じるにあたって、「私が中途半端だと映画が伝えようとしていることが色褪せてしまうのではないかと思った」と語り、撮影に入る前に約40日間の訓練に臨み、劇中の全ての野球のシーンを自らこなし、見事、2020年ニューヨーク・アジアン映画祭で国際ライジングスター賞を受賞しました。

コロナ禍、誰もが生まれて初めての経験に立ち向かった2020年だからこそ、何があってもあきらめない主人公の姿には、エールを送られずにはいられない。韓国初の新たな傑作青春映画、ご期待ください!
Pagetop