Widgets by ムビチケ

news

Tweets by WORTH_MOVIE

7000人を救え!
“命に値段をつける”究極の難題に挑んだ弁護士たちの感動の実話

アメリカを襲った未曾有の大惨事9.11テロの発生直後、途方もない仕事に挑んだ人々がいた。それは約7000人ものテロ被害者に補償金を分配する国家的な大事業。このプログラムを束ねる弁護士ケン・ファインバーグは、前代未聞の難題に直面する。年齢も職種もバラバラの犠牲者たちの“値段”を、どうやって算出するのか。彼らの“命”を差別化することは、道義的に許されるのか…?全米の道徳観を揺さぶったこの知られざる実話は、犠牲者遺族それぞれの苦悩と向き合い、厳しい批判に晒されながらも、使命に立ち向かった弁護士たちの驚くべき2年間の軌跡である。

オバマ夫妻も惚れ込んだ、
傑作社会派エンターテインメント

共に米アカデミー賞®︎作品賞に輝いた『スポットライト 世紀のスクープ』『それでも夜は明ける』の製作陣が手がけ、『バットマン』のマイケル・キートンが主演とプロデュースに名乗りを上げた本作。2020年サンダンス映画祭でお披露目されるや「尋常じゃなく感動的! ―New York Times」と絶賛を浴び、熱狂的な映画好きとして知られるバラク・オバマ元大統領夫妻が創設した製作会社ハイヤー・グラウンド・プロダクションズがいち早く配給権を獲得した。政府や経済界が求める合理的なルール、多様なヒューマニズムに根ざした正義というふたつの異なる視点がせめぎ合う物語は、私たち観客に、自分自身の“命の重み”をも問いかけてくる。世界を大きく変えた9.11という歴史的事件を、新たにセンセーショナルなテーマで追及する、社会派エンターテインメントの傑作がここに誕生した。

9.11被害者補償基金とは

9.11被害者補償基金は、2001年9月11日のテロ関連の航空機墜落事故、またはその直後に行われた瓦礫撤去作業の結果、身体的被害を受けた、または死亡したすべての個人(または死亡した個人の代理人)に対する補償を提供するために設立された。2001年から2003年にかけて運営され、計5560人に 公的資金から 70億ドル超を支払った。2011年と2019年に再開および延長が決定。長期の健康被害に苦しむ人々の救済を続けている。

2001年9月11日、アメリカで同時多発テロが発生した。未曾有の大惨事の余波が広がる同月22日、政府は、被害者と遺族を救済するための補償基金プログラムを立ち上げる。プログラムを束ねる特別管理人の重職に就いたのは、ワシントンD.C.の弁護士ケン・ファインバーグ(マイケル・キートン)。調停のプロを自認するファインバーグは、独自の計算式に則って補償金額を算出する方針を打ち出すが、彼が率いるチームはさまざまな事情を抱える被害者遺族の喪失感や悲しみに接するうちに、いくつもの矛盾にぶち当たる。被害者遺族の対象者のうち80%の賛同を得ることを目標とするチームの作業は停滞する一方、プログラム反対派の活動は勢いづいていく。プログラム申請の最終期限、2003年12月22日が刻一刻と迫るなか、苦境に立たされたファインバーグが下した大きな決断とは……。

マイケル・キートン


ケン・ファインバーグ役

1951年、ペンシルベニア州コラオポリス生まれ。スタンダップ・コメディアンとして活動したのちにテレビ界に進出し、ロン・ハワード監督『ラブ IN ニューヨーク』(82)で映画デビュー。『偽りのヘブン』(88)と『ビートルジュース』(88)で全米映画批評家協会賞の主演男優賞に輝き、個性派俳優として広く認知され、『バットマン』(89)、『バットマン リターンズ』(92)のブルース・ウェイン=バットマン役でハリウッド・スターの仲間入りを果たした。長らく作品に恵まれない時期が続いたが、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14)で見事復活。アカデミー賞®にノミネートされ、ゴールデングローブ賞、インディペンデント・スピリット賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の主演男優賞を受賞した。アカデミー賞®作品賞、脚本賞を受賞したトム・マッカーシー監督『スポットライト 世紀のスクープ』(15)、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』(16)、『シカゴ7裁判』(20)、『モービウス』(22)など数々の話題作に出演している。

スタンリー・トゥッチ


チャールズ・ウルフ役

1960年、ニューヨーク州ピークスキル生まれ。舞台俳優としてキャリアをスタートさせ『女と男の名誉』(85)で映画デビュー。個性豊かなバイプレイヤーとして活躍しており、ピーター・ジャクソン監督『ラブリーボーン』(09)でアカデミー賞®助演男優賞にノミネート。主な出演作に『ターミナル』(04)、『プラダを着た悪魔』(06)、『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』(11)、『ハンガー・ゲーム』シリーズ4作品(12-15)、『スポットライト 世紀のスクープ』(15)、『スーパーノヴァ』(20)など。2017年の『ジャコメッティ 最後の肖像』では長編第5作目の監督を務めた。

エイミー・ライアン


カミール・バイロス役

1969年、ニューヨーク州クイーンズ生まれ。舞台俳優としてキャリアをスタートさせ「ワーニャ伯父さん」(00)、「欲望という名の電車」(05)でトニー賞にノミネート。ベネット・ミラー監督『カポーティ』(05)、ベン・アフレックの初監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』(07) でアカデミー賞®、ゴールデングローブ賞、SAG賞の助演女優賞にノミネートされ、全米批評家協会など多数の助演女優賞を受賞した。『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(14) ではマイケル・キートンと共演している。

ケネス・ファインバーグについて

実在する本作の主人公は、ケネス(ケン)・ファインバーグ弁護士。ベトナム帰還兵の枯葉剤後遺症集団訴訟など数多くの補償問題に関わってきた、米国有数の裁判外紛争解決手続の専門家である。本作はファインバーグの回想録『What is life worth?』が原案となっている。ワシントン ・ナショナル・オペラの元会長でもある。

9.11の後も、次のような事件を担当した。

2007年 バージニア工科大学銃乱射事件
2010年 BP社 メキシコ湾原油流出事故
2013年 ボストン・マラソン爆弾テロ事件
2016年 オーランド ナイトクラブ銃乱射事件

監督


サラ・コランジェロ

ニューヨークを拠点に活動する、作家兼監督。ブライン大学で歴史学の学士号を取得し、ニューヨーク大学大学院映画学科で修士号を取得。卒業制作の『リトル・アクシデント』は、2010年のサンダンス映画祭で世界初公開され、シアトル国際映画祭審査員賞、サンフランシスコ・ショート・フェスティバルなど数々の賞を受賞。2010年Filmmaker Magazine誌の 「インディペンデント映画の25人の新たな顔」 の一人に選ばれた。この短編映画から着想を得た長編デビュー作『リトル・アクシデント-闇に埋もれた真実-』(14)は、エリザベス・パンクス、クロエ・セヴィニーが出演、インディペンデント・スピリット賞の最優秀脚本賞にノミネートされた。『キンダーガーテン・ティーチャー』(18) では、サンダンス映画祭で監督賞を受賞。

脚本


マックス・ボレンスタイン

脚本家、プロデューサー。『G O D Z I L L A ゴジラ』(14)と『キングコング:髑髏島の巨神』(17)の脚本を担当。両作品とも世界で10億ドル以上の興行収入をあげ、大ヒットとなった。テレビでは、スティーブン・スピルバーグがFoxネットワーク向けに制作したヒット映画『マイノリティ・リポート』のテレビ版の脚本を担当。アダム・マッケイ監督によるショータイム・レイカーズについてのH B Oシリーズの共同クリエーターである。

※敬称略・順不同

人の命に値段などつけられる筈がない。
この、あまりにも難しい問題に唸らざるを得ない。
そこに自ら立ち向かっていく主人公に
不謹慎ながら、しびれてしまった。
田原総一朗(ジャーナリスト)

経済学は、人々を一律に数字で取り扱おうとする。
この映画は、その罪深さを告発している。
人間はひとり一人異なる人生の背景を持っている。
カネを超えて、その背景に迫る主人公の姿に、魂を揺さぶられた。
森永卓郎(経済アナリスト)

もう一つの9.11だ。テロとの戦いの舞台裏でこんなことが起きていたのか!知らなかった自分を恥じた。命の計算式からはアメリカ社会の素顔が垣間見えてくる。一人の弁護士の葛藤を通して「我々にとって何が大切なのか?」重い命題を突き付けられた。
柳澤秀夫(ジャーナリスト)

人の命に値段はない。そんな「常識」は9.11の被害者には適用されないのか。遺族の言葉と涙が、ケン・ファインバーグ弁護士率いる弁護団を動かす。遺族が望んだのは金ではなく、愛する人を失った痛みや悲しみを共有する場だったのでは。
望月衣塑子(東京新聞記者)

調停のプロによる独自の計算式、ルールが完璧でないから正しい補償金額を出せないのではない。ときに前に進むよりも、いや、前に進むためにこそ、公正さ、道義的正しさの追求が欠かせない現実をクリアに描き出した。
風間直樹(『週刊東洋経済』編集長)

法は正義のためにある。個人の尊厳が守られ、個人が尊重されないところに、正義はない。個人の尊厳が守られない法、個人が尊重されない法ならば、誰も従わない。良き法律家に必要なのは、他者の尊厳を守り、尊重する姿勢だ。
木村草太 (憲法学者)

生命の価値は誰もが同じはずだが、交通事故の死亡慰謝料には差がつけられる。「公正(フェア)な補償額はどのように決めるのか」という倫理的な難問が、見事なエンタテインメントになった。
橘玲(作家)

「人間の可能性」について一縷の望みを持ち続けている人にこそ、見てほしい。 正義とは?公平とは?命の値段とは?答えの出ない問題に答えを出そうとするとき、 共感と対話こそがカギになるということを、この映画が教えてくれる。
山口周(独立研究者・著作家・パブリックスピーカー)

数字に置き換えられるはずのない悲しみに心を揺さぶられたのなら、映画の「その後」にも思いを巡らせたい。米国の「報復攻撃」や侵攻の犠牲となり、何ら支えを受けられずにいる、アフガニスタンやイラクの人々の命にも。
安田菜津紀(認定NPO法人Dialogue for People副代表/フォトジャーナリスト)

航空業界と富豪しか救うつもりのない政府、頭でっかちの弁護士、翻弄される犠牲者の家族。これを「美談」にするのが、アメリカの民主主義だ。
斎藤幸平(経済思想家)

100人近い被害者遺族を演じる俳優たち、その全員が素晴らしい。
悲しみとやるせなさ、不条理を抱えた存在。
命の価値がどう違うのか、問い直してしまう。
突きつけられてしまう。
私たちは、この映画を通して何百もの命と出会ってしまうのだ。
瀬々敬久(映画監督)

この映画は喪失、悲しみ、苦悩、怒り、を容赦なく映し出す。 しかし同時にそれらを受容し諦めず前進する人たちの、つまり私たちの物語でもある。
三輪記子(弁護士)

誠実とは何か。信頼とは何か。 煩悶する姿に答えを探し続けた。 答えなんてないのでは、という疑いを持ちながら。
武田砂鉄(ライター)

一人一人の、一つ一つの命に向き合うことで、それが次々と繋がりあって僕達の社会を作っていくことがわかる。その営みにこそ”価値”がある。
ダースレイダー(ラッパー)

ルールや公平性という一見“正義”の前に、私たちは一番大切なことを忘れがちだ。目の前にいる人たちが希望を持てないルールや公平性には何の意味もないことを、この映画は改めて伝えてくれる。
浜田敬子(ジャーナリスト)

9・11テロにこんな物語があったことに驚き、弁護士の苦悩に胸を突かれ、彼らが向き合う遺族たちの癒せぬ思いに涙した。悲しみに寄り添うことで、人はどれだけ救われるのか。これはお金の話ではない、魂の物語だ。
松原耕二(ニュースキャスター)

熟慮の末に契約書を破り捨てる勇気を持つ者だけが時代を切り開く。それが弁護士であろうと、なかろうと。
水野祐(法律家・弁護士)

「命に値段をつける」という ヒリヒリした現場に居合わせた気持ちになった。 資本家の身勝手に忖度する交渉は人々を分断する刃。 必要なのは絶望の淵にいる人々の状況を自分ごとと考える愛だ。 道を拓くにはそれ以外ない、と再認識した。 永田町の住人こそ本作を観るべき。
山本太郎(れいわ新選組代表・参議院議員)

我々は法の目から見ると利益を産み出す機械でしかないのか。その機械の価値は産み出す利益で決まる。しかし人の命に貴賤はあってはならないはず。これは海の向こうの話ではない。日本でも同じ問題がある。あなたのお命、いかほど?
菊地幸夫(弁護士)

20年以上経つ今でも、あの日、あの時、あの瞬間の「記憶」が消えることはない。
この事実に基づく物語もまた、9・11のもう一つの「記憶」として、私の心に深く刻まれることになるだろう。
大城慶吾(月刊『Wedge』編集長)

知らなかった9.11テロのその後。
命の価値を巡って対立する国家の論理と個人の思い。
その狭間で苦悩する弁護士たち。
自分ならどうするか…思わず考えてしまった。
白か黒かではなくどの色のグレイを選ぶのか?
村尾信尚(関西学院大学 教授)

ページトップへ戻る