トップページ > 劇場公開作品 > 旅立つ息子へ

劇場公開作品
LINEUP

旅立つ息子へ

3月26日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開
息子にすべてを捧げてきた父。
旅を経て父が下した決断に、涙が止めどなく溢れるー
実話に基づく、親子の旅立ちの物語
世界でいちばん愛する息子のために、キャリアも捨て、子育てに人生を捧げてきた元グラフィックデザイナーの父。金はなくても愛がある!と田舎に引っ込み、2人だけの世界を楽しんできた。ところがある日、彼らに突然の試練が訪れて…。自閉症スペクトラムを抱える息子を全力で守る父と、父の愛を受けとめて心優しい青年に成長した息子。世界中で共感と感動の涙がこぼれた、実話を基にした感動作。

メガホンを撮ったのは、イスラエルを代表する巨匠ニル・ベルグマン。繊細に揺れ動く家族の姿を描き続け、東京国際映画祭史上初にして唯一の二度のグランプリ受賞の快挙を果たした。本作では、2020年カンヌ国際映画祭など世界中の映画祭に正式出品され、国内で最も有名な映画評論家から、是枝裕和監督の作品と並べられた。イスラエル・アカデミー賞では監督賞はじめ主要賞を総ナメするほど高い評価を得ている。

息子ウリ役を演じた気鋭の新人ノアム・インベルは、リアリティ溢れる天才的な演技で『ギルバート・グレイプ』のレオナルド・ディカプリオの再来を彷彿させると世界中で評判に。父親役のシャイ・アヴィヴィはイスラエルで活躍するベテラン俳優で、息子への想いを全身で表現し、2人が紡ぐ親子の強い絆と溢れる愛は涙なしではみられない。世界中で共感と感動の涙がこぼれた、実話をもとにした親子の愛の物語。
監督:ニル・ベルグマン(『僕の心の奥の文法』 第23回東京国際映画祭グランプリ受賞)
脚本:ダナ・イディシス
出演:シャイ・アヴィヴィ、ノアム・インベル、スマダル・ヴォルフマン
2020年/イスラエル・イタリア/ヘブライ語/94分/1.85ビスタ/カラー/5.1ch/英題:Here We Are/日本語字幕:原田りえ PG12 配給:ロングライド
©︎ 2020 Spiro Films LTD.
Pagetop