Loading...

引っ越した家には 12時間進んで 3日若返る 奇妙な穴がありました。

まさかの!?フランス映画No.1ヒット 22/6/15-19公開のフランス映画 BOX OFFICE MOJO調べ

THOMAS AND MATHIEU VERHAEGHE PRESENT 第72回ベルリン国際映画祭 正式出品
9月2日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開
2022年/フランス・ベルギー/仏語・日本語/74分/シネスコ/カラー/5.1ch/英題:Incredible But True/日本語字幕:高部義之/配給:ロングライド
filmarks
ムビチケ販売中

イントロダクション

INTRODUCTION

12時間進んで3日若返る 摩訶不思議な穴をめぐる74分間の<世にも奇妙な物語>12時間進んで3日若返る 摩訶不思議な穴をめぐる74分間の<世にも奇妙な物語>

まさかのハリウッド超大作(『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』『トップガン マーヴェリック』)に次ぐフランス映画No,1大ヒット!!まさかのハリウッド超大作(『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』『トップガン マーヴェリック』)に次ぐフランス映画No,1大ヒット!!

新居の地下には12時間進んで3日若返る奇妙な穴がありました。一瞬耳を疑う、微妙すぎるパワーを持った穴によって人生が一変していく夫婦の世にも奇妙な物語を描いた本作。監督は“フランスのスパイク・ジョーンズ”の異名をとるカンタン・デュピュー。意思を持つ殺人タイヤの『ラバー』、鹿革ジャケットに取りつかれた男の狂気『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』などの異色作、怪作で知られる仏映画界でオンリーワンの鬼才だ。最新作には同国の名だたる人気俳優が集結。中でも、主人公の上司を演じたブノワ・マジメルの怪演は見逃せない。かつて希代の美青年として一世を風靡したスター俳優が持ち前のイケメンぶりをかなぐり捨て男の滑稽さと悲哀を体現している。

誰もがポカンとしてしまうほど、浮世離れした突飛な設定で驚きと笑いを呼び起こしながら、 人生や人間の普遍的な本質を巧みにあぶり出す独創性に満ち溢れた映像世界。一度覗き込んだらクセになること間違いなしの話題作がいよいよ公開される。

『パラサイト』の家よりもっと奇妙 -VARIETY-
癖になる -INDIEWIRE-
独創的で 賑やかで バカバカしい -THE HOLLYWOOD REPORTER-

ストーリー

STORY

緑豊かな郊外に建つモダニズム風一軒家の下見に訪れた中年夫婦のアランとマリー。購入すべきか迷う夫婦に怪しげな不動産業者がとっておきのセールスポイントを伝える。地下室にぽっかり空いた“穴”に入ると「12時間進んで、3日若返る」というのだ。夫婦は半信半疑でその新居に引っ越すが、やがてこの穴はふたりの生活を一変させていく……。はたして、この不思議な穴がもたらすのは幸せか、それとも破滅か。人生が激変してしまった夫婦がたどる後戻り不可能な運命とは…。

監督プロフィール

DIRECTOR PROFILE

© Ph. Lebruman 2018

Quentin Dupieux

1974年4月14日、フランス、パリ出身。18歳から映画制作を始め2007年、監督、撮影、編集、音楽を務めた『Steak』で長編デビュー。その後も殺人タイヤのコメディホラー『ラバー』(10)やジャン・デュジャルダン、アデル・エネル出演で鹿革男の狂気を描く『ディアスキン 鹿革の殺人鬼』(19)など精力的に作品を発表。奇想天外な設定の物語をフランスの一流役者を用いて映像化する個性的な作品の数々で世界の映画祭を魅了し、同国で唯一無二の地位を確立している。主な監督作に『Wrong Cops』(13)、『リアリティ』(14)、『Mandibles』(20)、最新作に2022年のカンヌ国際映画祭でお披露目された戦隊モノコメディ『Smoking Causes Coughing』などがある。また、DJミスター・オワゾ(Mr. Oizo)の名義でフレンチハウス/テクノ・ミュージシャンとしてヨーロッパを中心に100万枚を超えるセールスを記録し世界的に活躍している。

キャストプロフィール

CAST PROFILE

アラン Alain

Alain Chabat

1958年11月24日生まれ。1987年にコメディアングループ「Les Nuls」を結成。人気を博し多くのコメディ作に出演。『恋愛睡眠のすすめ』(05)、『ムード・インディゴ うたかたの日々』(13)など、ミシェル・ゴンドリー監督作品の常連でもあり、コメディからドラマまで幅広い演技力に定評がある。監督デビューを果たした『ディディエ』(97)では、脚本・主演も務めている。『リアリティ』(14)などカンタン・デュピュー監督作品の常連でもあり、最新作『Smoking Causes Coughing』でも本作のアナイス・ドゥムースティエと共演している。

マリー Marie

Léa Drucker

1972年1月23日生まれ。舞台で女優としてのキャリアをスタートさせる。主な出演作品に、『女はみんな生きている』(01)、『ナルコ』(04)、『青の寝室』(14)、『12か月の未来図』(17)、『ふたつの部屋、ふたりの暮らし』(19)などがある。ベネチア国際映画祭監督賞受賞『ジュリアン』(17)で、セザール賞主演女優賞受賞を果たした。『Girl/ガール』で注目を浴びたルーカス・ドン監督『Close』の公開を控える。

ジェラール Gérard

Benoît Magimel

1974年5月11日生まれ。『人生は長く静かな河』(88)で注目を集め、『夜の子供たち』(96)でセザール賞有望若手男優賞にノミネートされる。ミヒャエル・ハネケ監督『ピアニスト』(01)で、カンヌ国際映画祭主演男優賞受賞を果たし、その美貌で一躍世界的な注目を浴びる。2015年エマニュエル・ベルコ監督『太陽のめざめ』ではセザール賞助演男優賞を受賞、同監督の新作でカトリーヌ・ドヌーヴと共演の『愛する人に伝える言葉』(22/10/7日本公開)ではセザール賞主演男優賞受賞を果たした。

ジャンヌ Jeanne

Anaïs Demoustier

1987年9月29日生まれ。『約束 ラ・プロミッセ』(99)でスクリーンデビュー。その後13歳でミヒャエル・ハネケ監督『タイム・オブ・ザ・ウルフ』(03)に出演し注目を浴びる。『美しき棘』(10)でレア・セドゥと共演。『彼は秘密の女ともだち』(14)や『バードピープル』(14)で主演を務める。長編アニメーション映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』(16)では、主人公の少女の声を担当。カンタン・デュピュー監督作『勤務につけ!』(18)に出演、最新作『Smoking Causes Coughing』でアラン・シャバと共演している。

クレジット

CREDIT

キャスト

アラン / アラン・シャバ

マリー / レア・ドリュッケール

ジェラール / ブノワ・マジメル

ジャンヌ / アナイス・ドゥムースティエ

CAST

Alain / Alain Chabat

Marie / Léa Drucker

Gérard / Benoît Magimel

Jeanne / Anaïs Demoustier

スタッフ

監督・脚本・撮影・編集 / カンタン・デュピュー

製作 / トマ・ヴェルアエジュ マチュー・ヴェルアエジュ

音楽 / ジョン・サント

プロダクションデザイナー / ジョアン・ル・ボル

衣装デザイン / イザベル・パネッティエ

製作会社 / Atelier de Production

共同製作 / Arte France Cinéma, Versus Production and Voo & Be Tv

director

Directed , Written ,Cinematographer and Editor / Quentin Dupieux

Produced by / Thomas Verhaeghe Mathieu Verhaeghe

Music / Jon Santo

Production Designer / Joan Le Boru

Costume Designer / Isabelle Pannetier

Production / Atelier de Production

Coproduction / Arte France Cinéma, Versus Production et Voo & Be Tv

9月2日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開