プロになる夢をあきらめない〈天才野球少女〉
一人のコーチと出会い、彼女は突き進む────。
2020年青龍映画賞新人女優賞ノミネート、2020年 ニューヨークアジアン映画祭国際ライジングスター賞、2020年 アジアアーティストアワードアイコン賞
プロになる夢をあきらめない〈天才野球少女〉
一人のコーチと出会い、彼女は突き進む────。
野球関係者から熱いエールのコメント! コメント 公開記念スペシャル対談 片岡安祐美さん×田中理恵さん
あきらめない。何があっても。

野球少女

3月5日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

イ・ジュヨン「梨泰院クラス」イ・ジュニョク「秘密の森」ヨム・ヘラン「椿の花咲く頃」ソン・ヨンギュ「エクストリーム・ジョブ」

 監督・脚本:チェ・ユンテ
2019年/韓国/韓国語/105分/スコープ/5.1ch/英題:Baseball Girl /日本語字幕:根本理恵 Copyright © 2019 KOREAN FILM COUNCIL. ALL RIGHTS RESERVED
ムビチケ販売中 メイジャーネット通販
公開記念スペシャル対談 片岡安祐美さん×田中理恵さん
  • 予告編

*五十音順、敬称略

虻川美穂子(タレント)

グローブでソフトボール部ピッチャーの青春時代を想い出し、スインを見てると若手芸人時代にもがいていた気持ちがよみがえる。女なのに、女だから、、、そして今母になりスインの母の気持ちにヒリヒリ共感する!!

宇垣美里(フリーアナウンサー)

当たり前のようにそこにあった心の壁、ガラスの天井、叶うはずもないと言われてきた夢
それでも"できない"と言わなかった先人たちの血の滲むような努力の末に開かれた今がある
諦めなければ私たちは何にだってなれる

小谷実由(モデル)

誰にでも壁が立ちはだかる時がある。それを誰かに揶揄されることもある。
スインの真っ直ぐに諦めない心がどれだけの人の希望になるのだろう。
戦えるのも比べられるのも、今までの積み重ねてきた自分とだけ。

小島秀夫(ゲームクリエイター)

球足の遅いナックルボールを投げてバッターを撹乱するイ・ジュヨン。しかし、映画が投げかけるピュアな豪速球は、ストレートに観客の心に暖かく沈みこむ。混迷の時代だからこそ、ジェンダーを超えて夢を追い続ける“野球少女”の姿は、安心感を与えてくれる。“昭和のスポ根”とは違う、“令和のスポーツ純情”作だ。

趣里(女優)

夢、挫折、希望、喜び、悲しみ、怒り、生きるということ、すべてがこの映画の中にあったような気がします。主人公スインと自分を重ねることで生命力が体の中に湧いてきて、涙が止まりませんでした。静かに寄り添い、あたたかく背中を押してくれる素晴らしい映画。スタッフ、キャストの皆さんに心から拍手を送りたいです。

関根勤(タレント)

爽やかに力強く真っ直ぐな少女を応援せざるを得ない!
イ・ジュヨンの今後の動向を追います!

竹中直人(俳優、映画監督)

なんて素敵な映画だろう。素直で、優しくて、ピュアで、かっこつけてなくて。俳優たちのお芝居が柔らかく心に染み込んでくる。チェ・ユンテ監督の眼差しが素晴らしい。そしてなにより、イ・ジュヨンのひたむきな姿に心を奪われた。大切な友だちにそっと伝えたくなる映画だった。

田中理恵(元体操女子日本代表)

社会的マイノリティの就業機会拡大という国際社会の問題にも通ずる現象を野球という題材で情熱的に描いた物語で、性別を問わず競技の可能性を広げるストーリーは、アスリートはもちろん、スポーツに関与していない方にも必見だと思います!

辻愛沙子(株式会社arca CEO / Creative Director)

一見、光を当ててるようで「お飾り」にされがちな表層的な女性の活躍。
いざ挑戦の場に立つと道を閉ざされる。その理不尽さと向き合いながらも、自分の可能性を信じ、進み続ける物語。
彼女の強さに終始エンパワメントされました。

トミヤマユキコ(ライター・マンガ研究者)

どれだけ才能があっても「女である」というだけで辿り着けない場所がある。世の中は理不尽だ。だけど、少しずつ変えていける。仲間だってきっと見つかる。そのことを、この映画に教えてもらった。

前田エマ(モデル)

女とか男とかそんなことはどうでもいい。
球場のマウンドよりも、もっともっと広い世界へ 野球少女は私を連れていった。
ファイティン!

松村邦洋(タレント)

久しぶりの“スポ根”、いい映画。水島新司先生の漫画「野球狂の詩」が実写化されましたが、野球好きからすると少々お粗末に見える出来でした。この作品ではフォーム、動き、迫力など、野球ファンも納得です。そして、家族の物語としても素敵でした。お母さんとのくだりは、ちょっとくすっとしながらも、胸が熱くなりました。日本でも、プロ野球や甲子園の高校野球で女性選手が躍動する、そんな姿が見てみたいです。

ミチ(モデル)

野球映画かと思いきやとても爽やかな一人の女性のサクセスストーリー。野球のわからない私でも吸い込まれるように見入ってしまうあっという間の105分でした。真っ直ぐに野球をしたいというスインの信念、社会の固定概念までも超えて不可能を可能にしていく姿に勇気をもらいました。スインの力強さを見習って強い女性になりたいです。

山内マリコ(作家)

男子にまじってグラウンドを駆けていた少女たちを思い出した。ショートカットがよく似合ってた、運動神経抜群の。みんなどうしてる? 元気でやってる? こんな映画があるんだよと、わたしはあなたに伝えたい。

よしあき(モデル)

見終わった後の爽快感!「自分も頑張ろう!」って思える背中を押してくれる作品です。固定概念に縛られずに頑張り続けるスインはもちろん、周りの人々の人生ストーリーも見どころです!元気が出ない時に何度も見返したい映画です!

わたしの未来は
誰にもわからない。
プロを目指す天才野球少女の
終わりなき挑戦。
今こそ出逢いたかった
情熱エンターテイメント!

イントロダクション

INTRODUCTION

大ヒットTVドラマ「梨泰院クラス」で、
世界が心を奪われた韓国の新世代スター、
イ・ジュヨン最新主演作

「梨泰院クラス」で、大ブレイクを果たしたイ・ジュヨンは、一昨年の第 23回釜山国際映画祭で今年の俳優賞に輝いた演技派。本作で第45回ソウル独立映画祭 独立スター賞、第19回ニューヨーク・アジアン映画祭 国際ライジングスター賞を受賞し、韓国で最も権威のある映画賞、青龍映画賞で新人女優賞にノミネートされるなど高い評価を得た。また、先日行われた2020アジアアーティストアワードではアイコン賞を受賞するなど、その躍進劇は止まらず、まさに韓国エンタメ界のアイコンとして今最も旬な女優だ。
そんなイ・ジュヨンが今回演じたのは、最高球速134キロを誇りプロ野球選手を目指す〈天才野球少女〉!モデルとなった実在の選手の努力と葛藤に迫るため、イ・ジュヨンは40日間のトレーニングを受け、すべてのシーンをスタントなしで演じきった。
新世代スターを支える共演者には、「秘密の森」のイ・ジュニョク、「椿の花咲く頃」のヨム・ヘランなど、第4次韓流ブームを盛り上げてきた個性派俳優たちが名を連ねる。
理不尽な逆境を突きつけられるスインに、魂の底から湧き上がる熱いエールを送らずにはいられない。スインへのエールが、ラストシーンでスインから私たちへの特別なエールへと変わる。彼女から受け取った〈諦めない心〉と〈夢を追いかける勇気〉が前へと進ませてくれる、新たな傑作青春映画が誕生した。

ストーリー

STORY

青春の日々をすべて野球に捧げ、〈天才野球少女〉と称えられてきたチュ・スイン(イ・ジュヨン)。高校卒業を控えたスインは、プロ野球選手になる夢をかなえようとするが、〈女子〉という理由でテストさえ受けさせてもらえない。母や友だち、野球部の監督からも、夢を諦めて現実を見るようにと忠告されてしまう。「わたしにも分らないわたしの未来が、なぜ他人に分かるのか」──自分を信じて突き進むスインの姿に、新しく就任したコーチ、チェ・ジンテ(イ・ジュニョク)が心を動かされる。同じくプロになる夢に破れたジンテは、スインをスカウトの目に留まらせるための作戦を練り、特訓を開始する。次々と立ちふさがる壁を乗り越えたスインは、遂にテストを受けるチャンスを掴むのだが──。

キャスト

CAST

イ・ジュヨン

プロを目指す天才野球少女 チュ・スイン

1992年生まれ。
『ビューティー・インサイド』(15)、『春の夢』(16)、『夢のジェーン』(16)、『蚕を飼っていた部屋』(16)、『なまず』(18)などに出演。2020年のTVドラマ「梨泰院クラス」では、主人公が経営する居酒屋タンバムの料理長で謎めいたキャラクター、マ・ヒョニに扮し、振り幅の広い演技で数多くの人々の心を掴んだ。本作で、第45回ソウル独立映画祭 独立スター賞、第19回ニューヨーク・アジアン映画祭 国際ライジングスター賞を受賞し、本年度の青龍映画賞で新人女優賞にノミネートされた。また2020アジアアーティストアワードでアイコン賞を受賞するなど、名実ともに韓国のスターとなって注目を浴びている。

イ・ジュニョク

プロになれなかった高校野球部コーチ チェ・ジンテ

1984年生まれ。
映画出演作は、『神と共に 第一章:罪と罰』(17)、『神と共に 第二章:因と縁』(18)、『聖女/Mad Sister』(18)など。大ヒットTVシリーズ「秘密の森」では不正を働く検事ソ・ドンジェを演じ、視聴者から圧倒的な人気を獲得。さらに「サバイバー:60日間の大統領」、「365:運命をさかのぼる1年」など話題作に出演し、高い評価を受けている。

ヨム・ヘラン

厳しい生活を送る一家の稼ぎ手 スインの母

1976年生まれ。
『アイ・キャン・スピーク』(17)、『国家が破産する日』(18)、『未成年』(19)、『無垢なる証人』(19)、『82年生まれ、キム・ジヨン』(19)、TVドラマ「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」(16)、「刑務所のルールブック」(17)、「世界でもっとも美しい別れ」(17)、「ライフ」(18)、「無法弁護士〜最高のパートナー」(18)、「ライブ〜君こそが生きる理由〜」(18)、「椿の花咲く頃」(19)などに出演。“国民的なお姉さん”の称号を持つ。

ソン・ヨンギュ

娘を信じている万年受験生 スインの父

1970年生まれ。
『ハーフ』(14)、『パンドラ』(16)、『V.I.P 修羅の獣たち』(17)、『エクストリーム・ジョブ』(19)、TVドラマ「品位のある彼女」(17)、「ボイス 112の奇跡」(17)、「ジャスティス 検法男女」(18) 、「ハイエナ 弁護士たちの生存ゲーム」(20)などに出演。「ストーブリーグ」(19)では野球チームの代表オ・サフンを演じた。

クァク・ドンヨン

スインのチームメイト イ・ジョンホ

1997年生まれ。
主な出演作は『隊長 キム・チャンス』(17)、『王の予言書』(18)、TVドラマ「モダン・ファーマー」(14)、「帰ってきて ダーリン!」(16)、「雲が描いた月明り」(16)、「ひと夏の奇跡 waiting for you」(17)、「ラジオロマンス 愛のリクエスト」(18)、「私のI Dはカンナム美人」(18)、「ボクスが帰ってきた」(18)、「二度はない」(19)、「サイコだけど大丈夫」(20)など。

チュ・ヘウン

アイドルを夢見るスインの親友 ハン・バングル

1994年生まれ。
主な出演作は『スウィング・キッズ』(18)、『ヒッチハイク』(2019)など。TVドラマは、「テンポガールズ」(18)、「恋のステップ~キミと見つめた青い海~」(18)、「欠点ある恋人たち」(19)など。

スタッフ

STAFF

チェ・ユンテ

監督・脚本

2016年、韓国映画芸術アカデミー卒業。本作が長編映画デビュー作となる。 短編映画監督作品に、「Scooter」(07)、「Rough, Hard and Sad」(09)、「Test Flight」(12)、「Knocking on the Door of Your Heart」(16)がある。